2016年3月31日
風土記の丘で紅花・蓼藍の種を蒔こう!

紅花(ベニバナ)と蓼藍(タデアイ)は染め物の染料としてよく知られています。黄色と朱があざやかな紅花。ピンクがかわいらしい蓼藍の花。そんな花の種を一緒に蒔いてみませんか。
春に種を蒔き、夏に収穫して花びらや葉を乾燥させ、冬には毎年行われる大人のもの作り教室「草木染め」の染料として使います。

開催日時:平成28年4月10日(日) 10:00〜12:00(小雨決行・雨天中止)

服装・持ち物:汚れても良い服装、靴、軍手、帽子、タオル、飲み物

定員:20名程度(どなたでも参加できます。親子連れも歓迎!)

申 し込 み:不要。当日集合場所までおこし下さい。

集合場所:風土記の丘研修センター前庭 (甲府市下向山町1271)

参加料:無料

主催:山梨県立考古博物館・曽根丘陵公園指定管理者(富士観光開発梶E富士グリーンテックグループ)

問い合わせ:風土記の丘研修センター 055-266-5286